『くろねこ』 ... ジャンル:ショート*2 未分類
作者:佐野                

     あらすじ・作品紹介
十年前にみたくろねこについての、ぼくの考察。

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142

十年前。ぼくには、くろねこが見えた。
くろねこっていっても、それはただのくろねこじゃない。
例えば、ひとりきりの帰り道。暗い公園の遊具の上。
向かいの家に咲いているパンジーの後ろ。
くろねこは、そこにいた。

「にゃあ」
ぼくがネコの物まねをしても、くろねこは出てきてくれない。
ぼくの物まねがへただからとか、そんなわけじゃあなかった。
くろねこは、ぼくの心のすきまに気まぐれにやってきた。

十年。長いようで短い月日。くろねこは、いつの間にかぼくの目の前から姿を消した。
ひとりきりの帰り道。
暗い公園の遊具の上。
向かいの上に咲いているパンジーの後ろ。
いつも通っていた帰り道は、「大人の都合」っていうやつできれいに変身した。
ぼくも大きくなったから、公園にいくことはなくなった。
パンジーは、気付いた時には枯れていた。
「にゃあ」
ぼくは、ネコの物まねをする。ぼくの声は、すっかり大人の声に変わった。

(もう、あえないんだなあ。)
心の奥底でぼくはそう感じた。ひとは、かわっていくんだ。
塵1つ、砂利ひとつないきれいな道路を、ぼくは歩いていく。

2008/01/22(Tue)22:09:48 公開 / 佐野
■この作品の著作権は佐野さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
初めて投稿しました。自分なりに頑張って書いてみました。読んでくださってありがとうございました。

作品の感想については、登竜門:通常版(横書き)をご利用ください。
等幅フォント『ヒラギノ明朝体4等幅』かMS Office系『HGS明朝E』、Winデフォ『MS 明朝』で42文字折り返しの『文庫本的読書モード』。
CSS3により、MSIEとWebKit/Blink(Google Chrome系)ブラウザに対応(2013/11/25)。
MSIEではフォントサイズによってアンチエイリアス掛かるので、「拡大」して見ると読みやすいかも。