オリジナル小説 投稿掲示板『登竜門』へようこそ! ... 創作小説投稿/小説掲示板

 誤動作・不具合に気付いた際には管理板『バグ報告スレッド』へご一報お願い致します。

 システム拡張変更予定(感想書き込みできませんが、作品探したり読むのは早いかと)。
 全作品から原稿枚数順表示や、 評価(ポイント)合計順コメント数順ができます。
 利用者の方々に支えられて開設から10年、これまでで5400件以上の作品。作品の為にもシステムメンテ等して参ります。

2013/11/25「スマホ表示仮対応&縦書ビューワがWebkit系ブラウザ対応になりました」 by 運営者:紅堂幹人(@MikitoKudow) Facebook

-20031231 -20040229 -20040430 -20040530 -20040731
-20040930 -20041130 -20050115 -20050315 -20050430
-20050615 -20050731 -20050915 -20051115 -20060120
-20060331 -20060430 -20060630 -20061231 -20070615
-20071031 -20080130 -20080730 -20081130 -20091031
-20100301 -20100831 -20110331 -20120331 -girls_compilation
-completed_01 -completed_02 -completed_03 -completed_04 -incomp_01
-incomp_02 -現行ログ
メニュー
お知らせ・概要など
必読【利用規約】
クッキー環境設定
RSS 1.0 feed
Atom 1.0 feed
リレー小説板β
雑談掲示板
討論・管理掲示板
サポートツール

『くろねこ』 作者:佐野 / ショート*2 未分類
全角465.5文字
容量931 bytes
原稿用紙約1.7枚
十年前にみたくろねこについての、ぼくの考察。

十年前。ぼくには、くろねこが見えた。
くろねこっていっても、それはただのくろねこじゃない。
例えば、ひとりきりの帰り道。暗い公園の遊具の上。
向かいの家に咲いているパンジーの後ろ。
くろねこは、そこにいた。

「にゃあ」
ぼくがネコの物まねをしても、くろねこは出てきてくれない。
ぼくの物まねがへただからとか、そんなわけじゃあなかった。
くろねこは、ぼくの心のすきまに気まぐれにやってきた。

十年。長いようで短い月日。くろねこは、いつの間にかぼくの目の前から姿を消した。
ひとりきりの帰り道。
暗い公園の遊具の上。
向かいの上に咲いているパンジーの後ろ。
いつも通っていた帰り道は、「大人の都合」っていうやつできれいに変身した。
ぼくも大きくなったから、公園にいくことはなくなった。
パンジーは、気付いた時には枯れていた。
「にゃあ」
ぼくは、ネコの物まねをする。ぼくの声は、すっかり大人の声に変わった。

(もう、あえないんだなあ。)
心の奥底でぼくはそう感じた。ひとは、かわっていくんだ。
塵1つ、砂利ひとつないきれいな道路を、ぼくは歩いていく。
2008/01/22(Tue)22:09:48 公開 / 佐野
■この作品の著作権は佐野さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
初めて投稿しました。自分なりに頑張って書いてみました。読んでくださってありがとうございました。
この作品に対する感想 - 昇順
感想記事の投稿は現在ありません。
名前 E-Mail 文章感想 簡易感想
簡易感想をラジオボタンで選択した場合、コメント欄の本文は無視され、選んだ定型文(0pt)が投稿されます。

この作品の投稿者 及び 運営スタッフ用編集口
スタッフ用:
投稿者用: 編集 削除