オリジナル小説 投稿掲示板『登竜門』へようこそ! ... 創作小説投稿/小説掲示板

 誤動作・不具合に気付いた際には管理板『バグ報告スレッド』へご一報お願い致します。

 システム拡張変更予定(感想書き込みできませんが、作品探したり読むのは早いかと)。
 全作品から原稿枚数順表示や、 評価(ポイント)合計順コメント数順ができます。
 利用者の方々に支えられて開設から10年、これまでで5400件以上の作品。作品の為にもシステムメンテ等して参ります。

 縦書きビューワがNoto Serif JP対応になりました(Androidスマホ対応)。是非「[縦] 」から読んでください。by 運営者:紅堂幹人(@MikitoKudow) Facebook

-20031231 -20040229 -20040430 -20040530 -20040731
-20040930 -20041130 -20050115 -20050315 -20050430
-20050615 -20050731 -20050915 -20051115 -20060120
-20060331 -20060430 -20060630 -20061231 -20070615
-20071031 -20080130 -20080730 -20081130 -20091031
-20100301 -20100831 -20110331 -20120331 -girls_compilation
-completed_01 -completed_02 -completed_03 -completed_04 -incomp_01
-incomp_02 -現行ログ
メニュー
お知らせ・概要など
必読【利用規約】
クッキー環境設定
RSS 1.0 feed
Atom 1.0 feed
リレー小説板β
雑談掲示板
討論・管理掲示板
サポートツール

『高い塔の夜空』 作者:天野橋立 / リアル・現代 未分類
全角896.5文字
容量1793 bytes
原稿用紙約2.65枚
ただ黙ってそこにいる姿は、ぞっとするほど孤独に見えた。
 イオンモールでの、バイトからの帰り。
 次々と追い抜かれつつも、夜の国道1号線を愛車――自転車だけど――で僕は機嫌よく疾走していた。背中のリュックには、閉店ぎりぎりだった書店で買えた、新刊のコミックが入っている。これで、最終話がやっと読める。
 沿道には、ファミレスとかカー用品とか、派手な看板が並んで、輝いて、空の闇を薄めていた。賑やかな京阪国道。
 そんな看板たちの合間の夜空に、見慣れぬ物体が屹立して見えることに、ふと僕は気づいた。姿がのぞく度に、赤かったり青かったりと、色が違う。
 そういえば、この辺りにはKBS京都ラジオの巨大な電波塔があったはずだ。ライトアップ? そんなことを始めたのだろうか。
 吉野家のところで脇道に入ると、ちょうど真正面に、その塔はあった。
 高いビルなどが存在しない、京都市南郊のこのエリアで、唯一の高層建築。実は京都タワーよりも高いくらいなのだが、それは後で知ったことだ。
 道を進んで、真下まで行ってみた。見上げる。でかい。支えも何もなく、夜空をまっすぐ貫くように、そこにじっと立ち、次々と色を変える光を浴びている。辺りには誰もおらず、僕ひとりだ。
 そのてっぺんにある、あれがラジオの送信用なのだろうか、梯子みたいなアンテナは、しかし案外すぐ近くに、手を伸ばせば届いてしまいそうにも見えた。実際には、あそこは地上百メートルだとか、そんな夜空の真っただ中のはずだ。
 地上と、そんな高いところをつないで、ただ黙ってそこにいる姿は、ぞっとするほど孤独に見えた。地上百メートルの虚空が、そんな近くにあるように見えるのも恐ろしかった。あの高さから落ちたら、僕は粉々だろう。
 そう、僕は怖くなった。塔とまともに向かい合っていることに耐えられなくなり、自転車の向きを変えて、逃げるようにゆっくりと走り始めた。
 吉野家の辺りでペダルを漕ぐのを止めて、少し振り返る。相変わらず塔は黙って、色を変え続けていた。
「また、明日も来るよ」
 そう呟いて、僕は再び自分のアパートへと走り始める。誰も待ってはいないが、何もないわけじゃない。とりあえず今夜は、最終話が読める。
(了)
2020/06/23(Tue)23:50:28 公開 / 天野橋立
■この作品の著作権は天野橋立さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
つい、懐かしくなりました。不要な改行も入れなくて良かった頃。
この作品に対する感想 - 昇順
ふと、懐かしい町を訪ねてみたら、塔、いや橋が……。
2020/06/29(Mon)02:57:051バニラダヌキ
うお、こちらでのバニラダヌキさまからの「良い」、何年ぶりでしょうか。
しかしわずか1000字程度だと、門での長さはこんなものだったんですねえ…。今のWeb小説、1話2000字が当たり前というのが異常なのが良くわかります。
2020/07/02(Thu)23:58:130点天野橋立
合計1
名前 E-Mail 文章感想 簡易感想
簡易感想をラジオボタンで選択した場合、コメント欄の本文は無視され、選んだ定型文(0pt)が投稿されます。

この作品の投稿者 及び 運営スタッフ用編集口
スタッフ用:
投稿者用: 編集 削除