オリジナル小説 投稿掲示板『登竜門』へようこそ! ... 創作小説投稿/小説掲示板

 誤動作・不具合に気付いた際には管理板『バグ報告スレッド』へご一報お願い致します。

 システム拡張変更予定(感想書き込みできませんが、作品探したり読むのは早いかと)。
 全作品から原稿枚数順表示や、 評価(ポイント)合計順コメント数順ができます。
 利用者の方々に支えられて開設から10年、これまでで5400件以上の作品。作品の為にもシステムメンテ等して参ります。

2013/11/25「スマホ表示仮対応&縦書ビューワがWebkit系ブラウザ対応になりました」 by 運営者:紅堂幹人(@MikitoKudow) Facebook

-20031231 -20040229 -20040430 -20040530 -20040731
-20040930 -20041130 -20050115 -20050315 -20050430
-20050615 -20050731 -20050915 -20051115 -20060120
-20060331 -20060430 -20060630 -20061231 -20070615
-20071031 -20080130 -20080730 -20081130 -20091031
-20100301 -20100831 -20110331 -20120331 -girls_compilation
-completed_01 -completed_02 -completed_03 -completed_04 -incomp_01
-incomp_02 -現行ログ
メニュー
お知らせ・概要など
必読【利用規約】
クッキー環境設定
RSS 1.0 feed
Atom 1.0 feed
リレー小説板β
雑談掲示板
討論・管理掲示板
サポートツール

『彼岸花』 作者:弥生灯火 / ミステリ サスペンス
全角1627.5文字
容量3255 bytes
原稿用紙約4.95枚
数分で読み終える短い作品になります。

 カーテンの合間から差し込んだ陽光で目が覚めた。
「やめて! カーテンは開けないで」
 思わず出た声。その強さにカーテンに手をかけていた京一がこちらに振り向く。
 もう二年ほど触れていない開かずのカーテン。わずかな隙間から漏れる朝の便りによって、京一の引き締まった上半身が照らし出されていた。
 昨晩、京一はあたしの部屋で初めて一夜を迎えたのだ。照明を落とした中では把握出来なかった彼の肉体が顕になっている。けれど、あたしの心臓が大きくわなないたのはそのせいじゃない。
「大丈夫だって。窓の外は内庭になってただろ? 外から裸を見られる心配は」
「違うわ。その、庭いじりとか好きじゃないから、雑草だらけの庭をあなたに見られたくないのよ。みっともないじゃない」
 そう言いながら傍らにある大ぶりのタオルケットを身体に巻きつけた。
 この部屋はマンションの一階にある。階の各部屋には小さな庭がついていて、他の部屋の住人は家庭菜園をしたり、ガーデニングを楽しんだりしていた。 あたしもここに越してきた当初は花を植えてみたりしたのだけれど、今は……

「そうか? 綺麗じゃないか」
 京一がカーテンの隙間に頭を突っ込んで言う。そんなはずはない。この二年ほど、本当に手入れもなにもしていないのだ。
 タオルを裸体に巻きつけたまま、あたしも恐る恐るカーテンに近寄った。たくましい京一の腕が肩をそっと抱えてくれる。 薄ら汚れている窓ガラスの向こうに見えたのは雲ひとつない秋空、それと、対岸のビルから半分顔を出した太陽。次いで目に飛び込んできたのは、庭に咲いた燃えるような赤い花の群れ、群れ、群れ。放射状の花弁を持つ花たちだった。
「やだ、これって」
「なんだよ。自分とこの庭なのに知らなかったのか?」
 笑い交じりの京一の声が耳をくすぐる。
「たしかこれって、彼岸花だったよな。なんか陰気なイメージあったけど、こうやって見ると綺麗なもんだな」 
 あたしは不安になって京一の顔を見上げた。彼はあたしを振り返りもせず、すこし淋しげな表情で彼岸花を見ていた。
「……曜子がさ、この花を好きだって言ってたよ。変なやつ、なんて思ってたけど、なんか分かった気がするな。この花、こんなに綺麗だったんだ」
「やめてよ!」
 あたしは乱暴にカーテンを閉めた。
「あいつなんか、あなたを捨ててどこかに消えた女のことなんか、あたしに話さないで!」
 「……おまえ、曜子と親友だったじゃないか。なのにどうして」
 京一が見つめてくる。その瞳はとても温かみがあって優しい。そうだ、この柔らかなまなざし。曜子に注がれていたコレを手に入れるまで、自分に向けさせるまで二年もかかったのだ。
「親友だったから赦せないのよ。突然いなくなってあなたを、あなたを、今でもこうやって悲しませるなんて」
 あたしは胸元で抑えていた手を離した。肌にそって滑り落ちるタオルケット。見つめる京一の瞳孔が、すこし開いた。
「ねえ、あんな気味の悪い花じゃなくて、あたしを見てよ。あたしはあなたのために綺麗になる。あたしはあなたのために咲く。だから、あんな花なんか見ないで、あたしだけを見て」
「あ、ああ、そう、だな。おまえはとても…… 綺麗だ。あんな花なんかより、よっぽど」
 京一はそう言ってあたしを抱きしめてきた。冷えていたお互いの肌の温度が高まり、交じり合う。そしてくちづけをした。
 
 そうよ忘れて。曜子のことなんか。死んだ花じゃなく、生きているあたしの方を見て。

 閉じたカーテンの外では、きっと彼岸花が風に揺れている。
 今だけはそうしているがいい。京一が帰ったら、全部焼き払って跡形も無く消してやるから。
 彼岸花。またの名は地獄花。そして死人花。あたしは生きている。京一も生きている。だから彼は生きているあたしのもの。
 知らぬ間に、知らずに咲いた彼岸花。その根元で自らの死体を抱いて、今度は地獄で咲いてるがいい。
2016/09/17(Sat)23:34:21 公開 / 弥生灯火
■この作品の著作権は弥生灯火さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
ウィキで見た彼岸花の別名の情報を元に書いた作品になります。
読んで下さった方、ありがとうございました。
この作品に対する感想 - 昇順
作品、読ませていただきました。
うまくまとまっているようには思えるのですが、ぞくっとするような恐怖感がもう一味欲しいような気がしました。庭を見られたくない、とおびえるところがもう少ししつこめに描写されて、ところが実際には花でいっぱい、という落差があればもっと良かったように思います。
また、次作もお待ちしています。
2016/09/18(Sun)16:55:560点天野橋立
天野橋立さんへ
感想ありがとうございます。
なるほど、冒頭での主人公の葛藤が弱いんですね。もう少しじっくりと引き伸ばすべきでしたか・・・
精進したいと思います。
2016/09/18(Sun)23:35:260点弥生灯火
狸も読ませていただきました。
話がトントンと順調に進みすぎ、天野様がおっしゃるように、ゾクゾク感が今一歩、盛り上がらない感じです。
京一が曜子の名を出したあたりで、オチはすでに読めてしまうわけですし、そのオチもまた、意外性よりも「ああ、やっぱり」感が強いと思います。
このオチのままで引っ張るとしたら、これまた天野様がおっしゃるような『庭を見られたくない』がらみのサスペンス感が欲しく、さらに「ああ、やっぱり」の段階までは彼岸花を小出しにしておいて(カーテンの隙間から見えるとか)、最後の最後でドーンと庭いっぱいにする、そんな劇性の絡み合いが欲しいと思いました。
2016/09/21(Wed)23:05:190点バニラダヌキ
バニラダヌキさんへ
感想ありがとうございます。
なるほど、性急すぎたのかもしれません。
オチの怖さ、というより主人公の狂気っぽさを前面に出してしまったので、そちらが原因だったのかも。
アドバイス、ありがとうございました。
2016/09/23(Fri)00:58:320点弥生灯火
[簡易感想]おもしろかったです。
2016/10/16(Sun)01:30:510点Lucy
Lucyさんへ
コメントありがとうございました。
2016/10/17(Mon)00:45:500点弥生灯火
合計0点
名前 E-Mail 文章感想 簡易感想
簡易感想をラジオボタンで選択した場合、コメント欄の本文は無視され、選んだ定型文(0pt)が投稿されます。

この作品の投稿者 及び 運営スタッフ用編集口
スタッフ用:
投稿者用: 編集 削除