オリジナル小説 投稿掲示板『登竜門』へようこそ! ... 創作小説投稿/小説掲示板

 誤動作・不具合に気付いた際には管理板『バグ報告スレッド』へご一報お願い致します。

 システム拡張変更予定(感想書き込みできませんが、作品探したり読むのは早いかと)。
 全作品から原稿枚数順表示や、 評価(ポイント)合計順コメント数順ができます。
 利用者の方々に支えられて開設から10年、これまでで5400件以上の作品。作品の為にもシステムメンテ等して参ります。

2013/11/25「スマホ表示仮対応&縦書ビューワがWebkit系ブラウザ対応になりました」 by 運営者:紅堂幹人(@MikitoKudow) Facebook

-20031231 -20040229 -20040430 -20040530 -20040731
-20040930 -20041130 -20050115 -20050315 -20050430
-20050615 -20050731 -20050915 -20051115 -20060120
-20060331 -20060430 -20060630 -20061231 -20070615
-20071031 -20080130 -20080730 -20081130 -20091031
-20100301 -20100831 -20110331 -20120331 -girls_compilation
-completed_01 -completed_02 -completed_03 -completed_04 -incomp_01
-incomp_02 -現行ログ
メニュー
お知らせ・概要など
必読【利用規約】
クッキー環境設定
RSS 1.0 feed
Atom 1.0 feed
リレー小説板β
雑談掲示板
討論・管理掲示板
サポートツール

『自然発火』 作者:しありす / リアル・現代 恋愛小説
全角1537.5文字
容量3075 bytes
原稿用紙約4.9枚
自然に、私の心は動いていた。初めから、手遅れだったんだ。
 ある偉人は言った。
 
”人には、どんなことがあっても、乗り切らねばならないといけないときがある。どんなにそれが、つらいときであったとしても。人には、誰にでも穏やかで、他者を大切にする義務がある。どんなにそれが、憎き相手でも。それが、人間の定めだから。”、と。

 憎い相手には、復讐心や憎悪を抱く人は絶対にいるだろう。でも、それが何になる? 誰かを恨んでも、自分のためにはならない。相手の思い通りになるだけだ。
 
第一唱 射られた心

 静岡の、とある喫茶。ここに一人の少年がいた。見た目からして、中学二年生やそこらである。
 私はなぜか、彼から目が離せない。だってその子は、いじめられてるかのような体つきをしていたし、彼の顔には大胆にも青いアザができていたのだったから。
 しばらくすると、彼は席を立った。何かを急いでるようにも見えて、どうしても気になった。そして彼が会計を済ませて喫茶から出ようとした時、私も自然に会計を済ましていた。

__そう、そのときは気付いていなかった。自分の過ちに。

 喫茶を出ると、彼は駆け足で路地裏に入る。私もそれに追いつこう、と駆け足で路地裏に入る。
 だが彼は途中で私に気付いたのか、足を止めた。そして携帯電話を取り出し、彼は誰かと話をし始めた。
 「もしもし。鷹羽田くん?」
 「あぁ、そうだ」
 「例の金の事なんだけど、少しいい?」
 「なんだよ。金を安くすることはできないぞ」
 「僕ってあいつにいじめられてるじゃん。だから、五千円を明日までに渡さなきゃならないんだよ。それで、お願いがあるんだ。解決するまで待ってくれないかな…」
 ここまで来たところで私は思った。彼が今会話している少年は、彼をいじめているわけではない。彼は他の誰かから、金銭を要求されているようだ。
 「じゃ、それまで立て替えておいてやる。それまでに解決しろよな」
 「うん、ありがとう! 」
 「ま、いいってことよ。じゃ、切るぜ」
 「うん」
 こうして通話は終了し、彼は振り返った。私は突然のことに驚き、彼に見つかってしまった。
 「あ…。す、すまない。聞くつもりはなかったんだ。ただ、気になってしまってね」
 「何が、気になりましたか…」
 「喫茶に入った時から、君は顔にアザがあって、それが心配だったんだ。同級生にいじめられてるのかい?」
 「…関わらないでください」
 「え? 」
 「あなたは『まだ』僕につけ込む気ですか? そうやって偽善者ぶるのやめてください! 僕の友人に罪をなすりつけないでくださいよ! 」
 意味が分からなかった。彼とは初対面だし、本当に私は心配していた。罪をなすりつける?偽善者ぶる?まるで、私がバカみたいじゃないか。そのとき、どこからやってきたのかは不明だが、彼は一人の男に首を掴まれる。私は突然のことに驚いた。が、緊迫のなかで、必死に言葉を見つけて言った。
 「彼が苦しそうじゃないか。その手を放しなさい! 」
 でも、男から反応はない。私は携帯を取り通報しようとしたが、なぜか手が動かない。そして、次の瞬間、彼は言うのだった。
 「あ…あなたはな、何を言ってるの…ですか? 苦しいです、やめ…てっ…」
 彼の言ってる意味が分からない。彼は何を言いたいのだろう。そう考えていると、男はもう私の目の前にはいなかった。そして、私の目の前で、彼は苦しそうにしながら言うのだった。
 「はぁ、はぁ。あなたは何がやりたいのですか? 僕をここまで追いつめて、何が目的なのですか?」
 「君こそ何を言っているんだい? 私は君には何もしてないぞ? もう男はいなくなった。安心したまえ」
 そう言うと、一分ほどの間があり、彼は言ったのだった。
 「警察、呼びますよ」


 
2016/01/05(Tue)10:02:09 公開 / しありす
■この作品の著作権はしありすさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
原稿は提出してしまったのでありませんが、一応私の応募作品です。

この作品に対する感想 - 昇順
[簡易感想]短すぎです。短すぎっ!
2016/01/03(Sun)14:37:520点水芭蕉猫
以下利用規約より一部抜粋。
>3.利用規約・注意事項
> 01. 次の内容が該当する作品・感想・レスは削除・注意勧告するものとする。
> ・05 新規投稿による連続投稿で、作品が4,000Bytes(全角2000字=約5枚分以上)に満たない場合。
> ・14 5項に関連し、新規投稿で『作品が4,000Bytes(全角2000字=約5枚分)以下』である物。

利用規約をしっかりとお読みになってから投稿しましょう。
2016/01/04(Mon)18:51:430点白小豆
[簡易感想]おもしろかったです。完結したら細かい感想を書きたいです。
2016/07/02(Sat)19:09:460点Disney
合計0点
名前 E-Mail 文章感想 簡易感想
簡易感想をラジオボタンで選択した場合、コメント欄の本文は無視され、選んだ定型文(0pt)が投稿されます。

この作品の投稿者 及び 運営スタッフ用編集口
スタッフ用:
投稿者用: 編集 削除