オリジナル小説 投稿掲示板『登竜門』へようこそ! ... 創作小説投稿/小説掲示板

 誤動作・不具合に気付いた際には管理板『バグ報告スレッド』へご一報お願い致します。

 システム拡張変更予定(感想書き込みできませんが、作品探したり読むのは早いかと)。
 全作品から原稿枚数順表示や、 評価(ポイント)合計順コメント数順ができます。
 利用者の方々に支えられて開設から10年、これまでで5400件以上の作品。作品の為にもシステムメンテ等して参ります。

2013/11/25「スマホ表示仮対応&縦書ビューワがWebkit系ブラウザ対応になりました」 by 運営者:紅堂幹人(@MikitoKudow) Facebook

-20031231 -20040229 -20040430 -20040530 -20040731
-20040930 -20041130 -20050115 -20050315 -20050430
-20050615 -20050731 -20050915 -20051115 -20060120
-20060331 -20060430 -20060630 -20061231 -20070615
-20071031 -20080130 -20080730 -20081130 -20091031
-20100301 -20100831 -20110331 -20120331 -girls_compilation
-completed_01 -completed_02 -completed_03 -completed_04 -incomp_01
-incomp_02 -現行ログ
メニュー
お知らせ・概要など
必読【利用規約】
クッキー環境設定
RSS 1.0 feed
Atom 1.0 feed
リレー小説板β
雑談掲示板
討論・管理掲示板
サポートツール

『赤い手』 作者:TAKE / 未分類 未分類
全角1584.5文字
容量3169 bytes
原稿用紙約4.65枚
 滋賀県のとある旅館に泊まった時の事です。
 一度小学校の頃に修学旅行で来た事もあったんですが、その当時で既に築百年を超えていたんですよ。さすがにもうそろそろ潰れているんじゃないかと思ったんですが、なんとかまだ営業していました。
 二階建ての古い木造建築なんですがね、廊下を歩くとミシミシ音が鳴るんですよ。床が抜けるんじゃないかと思わず抜き足差し足になってしまいまして、泊まるだけでちょっとしたスリルが味わえます。

 これ以上のスリルなんて、求めていなかったんですがねぇ。

 夕飯をごちそうになってお風呂に入った後、湯上りに晩酌をしたいなと思いまして、近くのコンビニへ行ったんですよ。旅館には自販機はあっても、つまみなんかは売っていなかったもんですからね。
 旅館の前には水田が広がっていまして、淡い月明かりを反射していました。なかなか風情がありましてねぇ。そんな景色を横目に見ながらコンビニへ向かったんです。
 意外と距離がありまして、十分ぐらい歩きましたか。辿り着いたローソンでカリカリのチーズスナックとするめをかごに入れまして、あとチューハイに、小さめのボトルに入った焼酎も買いました。
 帰り道を歩き、そろそろ旅館が見えてきた時の事です。水田を見ながらずーっと進んでいたんですがねぇ。
 行きしには無かった、なんだかおかしなものが水田の端の方にあるんですよ。あきらかに場違いな、真っ赤な物体です。
 おかしいなーと思いながら、近づいてみたんですね。それからその物体の輪郭がはっきりした時、私びっくりしました。

 人の腕の形をしてたんですよ。

 かかしの代わりか何かなのか? と思ったんですがね。それにしても趣味が悪いじゃないですか。
 更に近づいてみたんです。

 その腕、ゆっくりと動いてるんですよ。

 ブワ―っと寒気がしたんですがね、なぜかそこから動けなくなってしまったんです。丁度金縛りみたいな感じですね。
 うわぁ何だこれ、勘弁してくれなんて思っていますとね、赤い手はこっちへ向いて、あろう事か手招きをしたんです。冗談じゃないぞと思ったんですがね、体が言う事を聞かず、私はじわじわとそれに近付いていったんです。
 このままじゃ危ないと、本能が感じていました。なんとか視線をそらそうと、首に力を込めたんですよ。
 どうにか首から上だけ動かすと、道の向こうの方からトラックが走ってきているのが目に入ったんですね。
 やばい、殺される。反射的にそう思いました。
 何か無いかと、手に力を込めてじわじわと動かした瞬間、コンビニの袋を落としてしまいました。
 中に入っていた焼酎のボトルが割れて、赤い手の方に向かって中身が流れていきました。

 すると途端に、体の自由が利くようになりましてね。私は袋を拾って、道の反対側へ走り、走ってきたトラックをギリギリのところでかわす事が出来ました。
 それから手があった方を、もう一度見てみたんですね。

 花柄の着物を着た女性が、こちらを見ていました。

 そこでまた金縛りに遭うんじゃないかと身構えていたんですがね、体の自由が失われる事はありませんでした。少しの間向かい合っていると、彼女は頭を下げて会釈したんです。なんとなく私も頭を下げ、次にそちらを見た時には、女性はいなくなっていました。

 次の日旅館の女将さんに、その事を話してみたんですがね。ここは来月で閉館し、取り壊す事になったんだそうです。なのでもしかすると先代の女将さんが、名残惜しんで出てきたんじゃないかという事だったんですね。
 流れ出た焼酎がお供えの役目を果たしたのか、ボトルが割れた瞬間に彼女もトラックに気付き、金縛りを解いたのか。その真意は分かりませんが、私は旅館を去る前にもう一度そこへ行き、手を合わせてきました。

 水田の水が朝日を浴び、キラキラと輝いていました。
2013/08/22(Thu)12:22:48 公開 / TAKE
■この作品の著作権はTAKEさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
白い手、黒い手とシリーズみたいな感じになっていて面白そうだったので、僕も書いてみました(笑)
この作品に対する感想 - 昇順
 拝見しました!
 三本目の手が! と、ワクワク読んでしまいました。こう決定的な何かが、起こりそうで起こらなかったというのも良いですね。金縛りや、赤い手と着物の女性を見たりとか、心霊的なものはあっても、結局は「無事だった」……けど始まりに過ぎないかもとも思えますし。それとラストで赤い手の正体はもしかしてというのがあるけど、それが正解かは分からないって所も、ちょっと怖くてよかったです♪ 一つ上げるなら、どうして手が赤かったのかというのが、あったらなぁと思いました。
2013/08/22(Thu)21:04:510点羽付
おうおう、この手は正統派なそっち系ですね
どうも、鋏屋でございます。
独特の語り調がなんとも心地よかったです。やっぱショートほこうでないととか思いましたよw
三本目の手が出て来ましたな。
このまま『HANDシリーズ』とかって続く作品が現れると面白いんですがねw
ともあれ、短いながらも面白かったです。
鋏屋でした。
2013/08/23(Fri)01:55:140点鋏屋
 こんばんは。はじめまして(であってましたっけ?)テンプレ物書きの浅田です。
 導入の「これ以上のスリルなんて、求めていなかったんですがねぇ」にちょっとぐっときてしまいましたwただ個人的には「ねぇ」をこの一文だけにしといた方がもっとぐっときたかも。
 脳内で稲川ボイスで再生して楽しめました。ちょくちょく「こわいなぁーこわいなぁー」とかいうノイズが勝手に入ってきましたがw
 やっぱりこういう正統派は安心して読めるからいいですね^^
2013/08/24(Sat)20:51:080点浅田明守
こんばんは。白・黒と読んだので、こちらも読ませていただきました。
いかにも夏の夜の怪談、という感じの描写がいいですね。水田の風景など、目に浮かぶようでした。
ただ、ここに「手」が出てくるということに、もう一つ説得力が欠けるような気がしました。先代の女将が出てくるのなら、最初から着物姿で出てくるんじゃないのかな? と思ってしまいました。そこに何かもう一点、プラス要素があればより良かったような気がします。
2013/08/24(Sat)22:20:540点天野橋立
カラー手祭りの一環としての『赤い手』出現、それまでの古い旅館や田舎の夜の雰囲気作りが功を奏し、かなり狸腹が冷えました。
先代のおかみさんが云々、という件は、天野様もおっしゃるように、かえって幕引きに混乱を残すような気がします。といってあまり因縁を詳述しても、こうしたショート・ホラーでは興醒めになりがちなので、もうひとつ何かちょっとした『赤』の手掛かりを、あくまで曖昧に(この加減が難しいのですが)入れてみるのも、ひとつの手だと思います。
いっそ背景や因縁など、いっさいすっとばしても怖いのでしょうが、それだと稲川風味じゃなくなっちゃいますもんね。
2013/08/25(Sun)20:05:090点バニラダヌキ
合計0点
名前 E-Mail 文章感想 簡易感想
簡易感想をラジオボタンで選択した場合、コメント欄の本文は無視され、選んだ定型文(0pt)が投稿されます。

この作品の投稿者 及び 運営スタッフ用編集口
スタッフ用:
投稿者用: 編集 削除