オリジナル小説 投稿掲示板『登竜門』へようこそ! ... 創作小説投稿/小説掲示板

 誤動作・不具合に気付いた際には管理板『バグ報告スレッド』へご一報お願い致します。

 システム拡張変更予定(感想書き込みできませんが、作品探したり読むのは早いかと)。
 全作品から原稿枚数順表示や、 評価(ポイント)合計順コメント数順ができます。
 利用者の方々に支えられて開設から10年、これまでで5400件以上の作品。作品の為にもシステムメンテ等して参ります。

2013/11/25「スマホ表示仮対応&縦書ビューワがWebkit系ブラウザ対応になりました」 by 運営者:紅堂幹人(@MikitoKudow) Facebook

-20031231 -20040229 -20040430 -20040530 -20040731
-20040930 -20041130 -20050115 -20050315 -20050430
-20050615 -20050731 -20050915 -20051115 -20060120
-20060331 -20060430 -20060630 -20061231 -20070615
-20071031 -20080130 -20080730 -20081130 -20091031
-20100301 -20100831 -20110331 -20120331 -girls_compilation
-completed_01 -completed_02 -completed_03 -completed_04 -incomp_01
-incomp_02 -現行ログ
メニュー
お知らせ・概要など
必読【利用規約】
クッキー環境設定
RSS 1.0 feed
Atom 1.0 feed
リレー小説板β
雑談掲示板
討論・管理掲示板
サポートツール

『LIVE STYLE』 作者:TAKE(17) / 未分類 未分類
全角2382文字
容量4764 bytes
原稿用紙約6.95枚
最近作った曲から出来た物語です。
 来年に大学受験を控えた七月の塾帰り、夜九時二〇分を少し過ぎた頃。
 気まぐれにいつもと違う道を通って家路に着いていると、街の喧騒に紛れて音楽が聞こえて来る。一つのアコースティックギターと、倍音の利いた声。駅舎の入り口付近に人だかりがあった。演奏されているのはよく知れた曲のコピーで、ミディアムバラードの調子に乗せて人々の体がかすかに揺れている。
 人に囲まれた中心に立っていた男には見覚えがあった。一昨年卒業した部活の先輩だった。
 次の曲で終了らしい。僕は彼のオリジナル曲が演奏されていた約五分間、人だかりに紛れていた。
 最後の音を街が吸い込み、彼は頭を下げ、人々は購入した彼のCDを手に散ってゆく。
 その場が閑散とした風景を取り戻した頃、僕に気付いた。
「お久し振りです。客、結構居ましたね」
 インディーズレーベルに入って、最近有線でたまに曲が流れるようになったと、彼は誇らしげな表情で言った。
「ギター、貸して貰ってもいいですか?」
 弾けたっけ? と言いながら、先輩は仕舞いかけていたものを僕に渡してくれた。
 去年まで友達とギターを抱えて遊んでいた。オリジナルも数曲あるが、人前では披露していなかった。
 僕はCadd9のコードのストロークから始まるオリジナル曲を弾き語った。初めて外で歌うそれは、友達から恋人へ、遠距離恋愛を経て再会する物語を、爽やかな雰囲気のアップテンポで表現したものだった。
 段々と調子が出てきて、気が付くと周りに再び人だかりが出来ていた。曲が終わり、先輩と同じく頭を下げて拍手を貰うと、僕は先輩にギターを返した。彼も小さく拍手し、持ち歌の曲数を訊いてきた。
「曲が付いてるので、六曲ですね。歌詞から作る方なんです」
 お開きだと察した人々は、一人また一人と、街灯りに溶けていった。
「ずっとここで演ってるんですか?」
 週に一度だよ。他は小さなライブハウスなんか、大学の無い日にな。そう彼は言った。
「また来ますね」
 先輩は軽く右手を上げ、僕達は別れた。


 朝、僕は電車の前からニ両目、一番目のドアに乗り込む。三駅目で、同じドアからその子は乗ってくる。右手で風に乱れた前髪を直し、周りの女性より倍近い大きさの目を友達に向けて話しながら。
 名前も知らない。言葉を交わした事も無い。関係性など無に等しいのに、いつしか彼女を意識する様になっていた。
 彼女は僕よりも手前の駅で友達と降りてゆく。肩甲骨辺りでなびく髪を目で追う。手の中にある参考書の内容が頭に入らなくなる。
 帰りの電車も同じだった日が何度かある。その時彼女は一人だった。隣に座る事が出来たのに、僅か数センチの隙間にビロードのカーテンが引かれたような感覚があり、結局彼女に向けて声を出せない。そんな自分を心の中で殴る。

 毎週、先輩の歌う日にはあの道を通る様になった。時間的に丁度最後の曲で、終わるとしばらく近況を話し、僕が一曲だけ弾き語る。辛気臭い現実を払いのけて、束の間悩みを忘れる。恋や学や、友とのいざこざも。
 八度目にそこへ訪れた、つまり丁度二ヶ月が立った頃だった。ギターの側面に取り付けた、アンプと接続するピックアップに不具合が起こったらしく、最後の曲は生音にオフマイクでの演奏となった。この頃には僕が演奏するのを待っていてくれる観客も居た。僕は三本指で寿司を摘む形にピックを持つ。これで力が加わり易くなり、街の喧騒に負けない程度に大きな音が出る。
 音は濃密な紺碧の空に溶けてゆく。

 一番のBメロに差し掛かった時、それは不意に僕の視界へ飛び込んできた。
 朝の彼女が立っていた。
 驚き、裏返った声を誤魔化す事は出来なかった。小さな笑いが起こり、そのままサビへと繋ぐ。彼女もクスクスと笑っていた。
 曲が終わると、人々は日常へと帰ってゆく。同時に僕や先輩にも日常が訪れる。短くて儚い。
 彼女も群集に紛れて消えていた。


 それから一週間と三日後、相変わらず僕は彼女に声を掛けられず、向こうも顔がわかっている筈だが、以前と変わらず友達と車内で話していた。
夜、電話が掛かってきた。先輩からだった。通話ボタンを押すと、電話の向こうの彼は上気した様子だった。
 落ち着いて聞けよと、「そっちが落ち着いて下さい」とでも言いたくなるような口調で彼は話した。
 有線で曲を聴いていた大手事務所の社員が、一度メジャーへ向けて前向きに話し合いたいとレーベルに連絡してきたそうだ。その曲は、僕が作った詞に先輩がコード進行を乗せたものだった。ありがちな話だが、奇跡だと思えた。
 出来ればお前にも会いたいってさ。そう彼は言ったが、受験生のため優先順位を考えると、期待には応えられそうに無い。その旨を告げると、彼は納得した様子だった。
 付け加えるように先輩が僕へ告げたのは、僕が意識している彼女の存在が、彼にもあの夜に分かっていたという事だった。
 先輩は大事な言葉を、これからへ向けて言ってくれた。

 本気で何かしたいと思ったらな、ゼロから何もかも自分で動くんだ。その為に必要なタイミングだって、待つんじゃなくて作るんだよ。始めるのは全て自分。神だとか運だとかは関係ないんだ。今までそうしてなきゃ、俺に今回みたいな機会は来なかったよ。

 次の日、その言葉を胸に携えて電車に乗り込んだ。
 三駅目でドアが開く。彼女が乗ってくる。
 一人だった。
 今しか無い。ここで躊躇えば、この先に再び茫漠とした時間が訪れる。そう思った。
「おはよう」意を決して、僕は言った。
 彼女は少し驚いた顔をしたが、すぐに微笑んだ。友達に見せるあの顔だった。
 おはよう。
 細められた明るいブラウンの瞳に一瞬、ポカンとした僕の間抜けな顔が写る。彼女はあの夜と同じ調子で僕を見つめ、二言目を紡いだ。

 やっと話し掛けてくれたね。

2008/10/17(Fri)17:16:21 公開 / TAKE(17)
■この作品の著作権はTAKE(17)さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
よろしくお願いします。
この作品に対する感想 - 昇順
感想記事の投稿は現在ありません。
名前 E-Mail 文章感想 簡易感想
簡易感想をラジオボタンで選択した場合、コメント欄の本文は無視され、選んだ定型文(0pt)が投稿されます。

この作品の投稿者 及び 運営スタッフ用編集口
スタッフ用:
投稿者用: 編集 削除