『彼岸花』 ... ジャンル:ミステリ サスペンス
作者:弥生灯火                

     あらすじ・作品紹介
数分で読み終える短い作品になります。

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142

 カーテンの合間から差し込んだ陽光で目が覚めた。
「やめて! カーテンは開けないで」
 思わず出た声。その強さにカーテンに手をかけていた京一がこちらに振り向く。
 もう二年ほど触れていない開かずのカーテン。わずかな隙間から漏れる朝の便りによって、京一の引き締まった上半身が照らし出されていた。
 昨晩、京一はあたしの部屋で初めて一夜を迎えたのだ。照明を落とした中では把握出来なかった彼の肉体が顕になっている。けれど、あたしの心臓が大きくわなないたのはそのせいじゃない。
「大丈夫だって。窓の外は内庭になってただろ? 外から裸を見られる心配は」
「違うわ。その、庭いじりとか好きじゃないから、雑草だらけの庭をあなたに見られたくないのよ。みっともないじゃない」
 そう言いながら傍らにある大ぶりのタオルケットを身体に巻きつけた。
 この部屋はマンションの一階にある。階の各部屋には小さな庭がついていて、他の部屋の住人は家庭菜園をしたり、ガーデニングを楽しんだりしていた。 あたしもここに越してきた当初は花を植えてみたりしたのだけれど、今は……

「そうか? 綺麗じゃないか」
 京一がカーテンの隙間に頭を突っ込んで言う。そんなはずはない。この二年ほど、本当に手入れもなにもしていないのだ。
 タオルを裸体に巻きつけたまま、あたしも恐る恐るカーテンに近寄った。たくましい京一の腕が肩をそっと抱えてくれる。 薄ら汚れている窓ガラスの向こうに見えたのは雲ひとつない秋空、それと、対岸のビルから半分顔を出した太陽。次いで目に飛び込んできたのは、庭に咲いた燃えるような赤い花の群れ、群れ、群れ。放射状の花弁を持つ花たちだった。
「やだ、これって」
「なんだよ。自分とこの庭なのに知らなかったのか?」
 笑い交じりの京一の声が耳をくすぐる。
「たしかこれって、彼岸花だったよな。なんか陰気なイメージあったけど、こうやって見ると綺麗なもんだな」 
 あたしは不安になって京一の顔を見上げた。彼はあたしを振り返りもせず、すこし淋しげな表情で彼岸花を見ていた。
「……曜子がさ、この花を好きだって言ってたよ。変なやつ、なんて思ってたけど、なんか分かった気がするな。この花、こんなに綺麗だったんだ」
「やめてよ!」
 あたしは乱暴にカーテンを閉めた。
「あいつなんか、あなたを捨ててどこかに消えた女のことなんか、あたしに話さないで!」
 「……おまえ、曜子と親友だったじゃないか。なのにどうして」
 京一が見つめてくる。その瞳はとても温かみがあって優しい。そうだ、この柔らかなまなざし。曜子に注がれていたコレを手に入れるまで、自分に向けさせるまで二年もかかったのだ。
「親友だったから赦せないのよ。突然いなくなってあなたを、あなたを、今でもこうやって悲しませるなんて」
 あたしは胸元で抑えていた手を離した。肌にそって滑り落ちるタオルケット。見つめる京一の瞳孔が、すこし開いた。
「ねえ、あんな気味の悪い花じゃなくて、あたしを見てよ。あたしはあなたのために綺麗になる。あたしはあなたのために咲く。だから、あんな花なんか見ないで、あたしだけを見て」
「あ、ああ、そう、だな。おまえはとても…… 綺麗だ。あんな花なんかより、よっぽど」
 京一はそう言ってあたしを抱きしめてきた。冷えていたお互いの肌の温度が高まり、交じり合う。そしてくちづけをした。
 
 そうよ忘れて。曜子のことなんか。死んだ花じゃなく、生きているあたしの方を見て。

 閉じたカーテンの外では、きっと彼岸花が風に揺れている。
 今だけはそうしているがいい。京一が帰ったら、全部焼き払って跡形も無く消してやるから。
 彼岸花。またの名は地獄花。そして死人花。あたしは生きている。京一も生きている。だから彼は生きているあたしのもの。
 知らぬ間に、知らずに咲いた彼岸花。その根元で自らの死体を抱いて、今度は地獄で咲いてるがいい。

2016/09/17(Sat)23:34:21 公開 / 弥生灯火
■この作品の著作権は弥生灯火さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
ウィキで見た彼岸花の別名の情報を元に書いた作品になります。
読んで下さった方、ありがとうございました。

作品の感想については、登竜門:通常版(横書き)をご利用ください。
等幅フォント『ヒラギノ明朝体4等幅』かMS Office系『HGS明朝E』、Winデフォ『MS 明朝』で42文字折り返しの『文庫本的読書モード』。
CSS3により、MSIEとWebKit/Blink(Google Chrome系)ブラウザに対応(2013/11/25)。
MSIEではフォントサイズによってアンチエイリアス掛かるので、「拡大」して見ると読みやすいかも。