『我思うところ。』 ... ジャンル:未分類 未分類
作者:かわとうエミリ                

     あらすじ・作品紹介
私は目を覚ました。いつもと変わらぬ一日だが、私には不満の数々が存在する。我思うところを綴っていこうではないか……

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142
 私は暖かい空気に包まれ、目を覚ました。
 最近、めっきり寒くなってきた。私はこたつの中で丸くなって、寝てしまっていたようだ。
 それではまるで猫のようだって? 
 ご名答、いかにも私は猫なのである。
 こたつ布団のから顔を出し、ふぁと欠伸をする。と同時に私の気管に、冷たくも新鮮な空気が流れ込んできた。
 こたつの中の空気は、喉がもごもごしてしまう。どうも、人間は我々猫がこの中に入ることを、考えていないようだ。これは立派な猫差別であろう。
 ちなみに猫差別は、最近、夜の集会で頻繁に議論されている内容であり、一種のムーブメントになっているのだ。
 まぁ、君たちに話しても、意味のないことだ。
 猫は猫。人間は人間。両者は共存しているようで、分かり合う事はできぬものなのだから。
 どうやら、今はこの家にいるのは、主である私だけであるようだ。
 私は、洗面所に颯爽と移動した。そして後ろ脚に力を込め、ふわっと、洗面台に飛び乗った。
 鏡には、美しい三色の毛並みで、大きなぱっちりとした眼を持ち、すっと伸びた輝く髭を持つ、美しい猫が映っている。
 それはもちろん、私である。
 以前、この家の娘が、自分の顔に絵具を塗りたくっていたのを、目撃したがあれはまるで道化の様であった。生物は生まれ持ったままの姿形が、一番美しいという事を人間は知らないようだ。
 しかし、この家の母は絵具を塗ろうが、塗っていなかろうが、直視できたものではないが……
 いささか眠りすぎたようだ、私の腹時計がそのように言っている。
窓の方に、視線をやると綺麗な夕焼けが見えた。この様に自然を美しいと、 感じられるのは感受性豊かな猫だけであろう。
 人間とは全くもって、可哀そうな生き物である。
 洗面台から飛び降り、今度は台所に移動する。台所の隅に、私専用の食事用特別場所が設けられている。
 皿の中に入っている、少し硬めのフレークを食べる。味はいまいちだが、私は健康に気を付けているため、栄養をバランスよく摂取できる、この食事を続けている。
 人間は栄養バランスなどを考えず食べるそうではないか。
 食事をしていると、この家の娘が帰宅した。
 どうやら、一人ではないようだ。
 確認すべく、玄関へ走る。
 なぜなら、私はこの家の主であるからだ。この家の状況を把握する責任は、私にあるのだ。
 娘の横にいたのは、一人の男であった。どうやら、間抜けそうな顔を見たところ、大して害はなさそうだ。
 男は無礼にも、私を掴もうとしてきたので、その手を引っ掻いてやった。
 いつも人間は何かと、私に触りたがる。私が美しいが故なのだろうが、あまりにも無礼である。
 人間に教養というものを求めても、無駄なことぐらい理解しているので、もう一度引っ掻いて台所へ引き返した。
 ふと、見ると外は薄暗くなっていた。
 大変である。
 そろそろ、集会が始まるではないか。今日は猫曜日では、いわし曜日に当たる曜日であり、毎週、隣町の長老猫が公演する事になっているのだ。
 私は、ドアの前で数回娘に向かって、開けるように叫び、ドアを開けさせた。
 ドアの隙間から、娘の顔が見える。心配するのもわかるが、今日も猫差別について、話し合わなくてはならないのだ。猫は忙しい。
 なんだかんだ言って、私は彼らとともに生活することがこの上なく、気に入っている。
 この家に帰ると、いつも心が和み、ここが私のいるべき場所だと確認できる。
 そして、家族を見ると安心し、なんの気兼ねもなく毛づくろいができる。
 娘よ、留守は任せたぞ。
 そして、私は薄暗闇を駈けていく。

2008/01/20(Sun)20:16:50 公開 / かわとうエミリ
■この作品の著作権はかわとうエミリさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
今回は視線の角度を変えて、書きました。
と言っても猫の視線ですが……
我々とは違う猫の視点で、人への風刺も込めて書いたつもりです。
はたして猫がこのように考えているかは、いささか疑問ですが……

作品の感想については、登竜門:通常版(横書き)をご利用ください。
等幅フォント『ヒラギノ明朝体4等幅』かMS Office系『HGS明朝E』、Winデフォ『MS 明朝』で42文字折り返しの『文庫本的読書モード』。
CSS3により、MSIEとWebKit/Blink(Google Chrome系)ブラウザに対応(2013/11/25)。
MSIEではフォントサイズによってアンチエイリアス掛かるので、「拡大」して見ると読みやすいかも。