オリジナル小説 投稿掲示板『登竜門』へようこそ! ... 創作小説投稿/小説掲示板

 誤動作・不具合に気付いた際には管理板『バグ報告スレッド』へご一報お願い致します。

 システム拡張変更予定(感想書き込みできませんが、作品探したり読むのは早いかと)。
 全作品から原稿枚数順表示や、 評価(ポイント)合計順コメント数順ができます。
 利用者の方々に支えられて開設から10年、これまでで5400件以上の作品。作品の為にもシステムメンテ等して参ります。

2013/11/25「スマホ表示仮対応&縦書ビューワがWebkit系ブラウザ対応になりました」 by 運営者:紅堂幹人(@MikitoKudow) Facebook

-20031231 -20040229 -20040430 -20040530 -20040731
-20040930 -20041130 -20050115 -20050315 -20050430
-20050615 -20050731 -20050915 -20051115 -20060120
-20060331 -20060430 -20060630 -20061231 -20070615
-20071031 -20080130 -20080730 -20081130 -20091031
-20100301 -20100831 -20110331 -20120331 -girls_compilation
-completed_01 -completed_02 -completed_03 -completed_04 -incomp_01
-incomp_02 -現行ログ
メニュー
お知らせ・概要など
必読【利用規約】
クッキー環境設定
RSS 1.0 feed
Atom 1.0 feed
リレー小説板β
雑談掲示板
討論・管理掲示板
サポートツール

『そらのたび』 作者:エテナ / 未分類 未分類
全角1557文字
容量3114 bytes
原稿用紙約4.45枚
   そらのたび

 暗い宇宙の中に、渦巻くように星々が輝いていた。澄んだ闇はほんのかけらの重さもなく、遠いのか近いのかも分からない、ただぼんやりとはるか彼方にまで広がっていた。僕と少女はその闇の中を歩いていた。手足の感覚もない幻の中にいるようだった。
 彼女は手のひらに、青い光を放つ玉を持っていた。水をすくうように手を揃えて胸の前に掲げ、それを一心に見つめたまま歩いていた。青い光はガラスのように鋭く輝き、どこまでも光っていった。強い光に照らされて、彼女の瞳も僕の目も、海に似た不思議な色に染まっていた。
 この玉をお返しするために、わたしはここへ来たの、と彼女は言った。僕は何も聞き返さないで、黙って少女の後ろを歩いた。
 向こうでは、大きな赤い星雲が壁のように広がって、茶色い霧を吐いていた。星雲の中には生まれたばかりの小さな星たちが房になって青白く光っていた。周りには星になることのなかった虹色の霧たちが、どこかへ行こうか、それともここにいようかと迷うように、ゆらゆらと漂っていた。そうかと思えば一生を終えようとしている赤い老いた星が静かに息を繰り返していた。
 闇の中では光の筋がいくつも行き交い、僕たちの耳元を飛んでいくものもあった。光の飛んでいく音が風のうねりのように聞こえた。飛んで行った光の筋は闇の中で突然弾けて、太陽のように激しく光った後、塵になって闇の底に沈んでいった。
 少女の玉は青く輝き続けていた。まっすぐに放たれた光は闇の中に吸い込まれていった。少女はあてもなく歩いていくだけだった。
「ああ。わたしはこの玉をお返ししなければならないわ」
 彼女はさっきと同じことを言った。
「ほんとうは、もっと見ていたかったのだけれど、もう、お返ししなければならないわ。だってこれは、お借りしたものなのだもの。ほんとうのわたしのものではないのだもの」
 僕は何も返事をせずに黙って少女の肩を見ていた。彼女の肩越しに、青い光が滲み出ていた。
「ああ」
 彼女は突然立ち止まって、顔を上げた。
 さっき遠くに見えたはずの大きな赤い星雲が、いつの間にか僕たちの目の前に立ち塞がって、勢いよく霧を吐いていた。茶色い霧の中には、生涯を終えようとしている赤い老いた星が浮かんでいた。
「ああ」
 少女は自分の持っている青い玉を胸にかたく抱いて、しばらく動かなかった。茶色の霧は火のように熱く吹き上がり、僕たちの顔を焼くようだった。
 彼女は星雲の中の老いた星を見ると、そっと手を差し出して、青い玉を手放そうとした。回るように光る青い玉は、茶色の霧の中で澄み渡って、映えていた。
 途端に星雲がうなりをあげて、僕たちに迫ってきた。熱い風が体中にそそぎ、僕たちは目を開けていられなかった。体を焼かれるような痛みで、身動きも取れなかった。激しい風の中で体を縮めて耐えていると、やがて熱風は去り、元の静けさに戻った。
 目を開けたとき、僕が見たのは、少女が赤い星雲に包まれている景色だった。星雲は霧を吐くのをやめ、本当に透き通った光になって、彼女を包み込んでいた。彼女も驚いたように立ち尽くしていた。彼女が持っていた青い玉は、老いた星が抱えていた。玉はまだ、水のように透き通って輝いていた。
 老いた赤い星は少女に進み寄り、透き通った青い玉を彼女の体の中へと戻した。
 あたたかい風が吹いて、体中の力が抜けた。
 僕たちは何も言わないで、星雲を見上げていた。
 星雲は穏やかに煌いていた。

 そんな不思議な夢を見たことを、僕は慌ただしい朝の電車の中で思い出していた。
 あの少女はどうしただろう。
 きっとあの子も目を覚まして、どこか遠い街で、いつも通りの朝を迎えているに違いない。
 走り抜けていく都会のビルを見ながら、僕はそう思っていた。
2016/10/18(Tue)15:15:27 公開 / エテナ
■この作品の著作権はエテナさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
みなさん、こんにちは。
忘れたころにやってくるエテナです。
みなさんお元気そうで何よりです。
年に一度、これくらいのものを出すしかできませんが、なにしろここは青春時代を過ごした思い出深い場所なので、なかなか忘れようにも忘れられず。
いろいろご挨拶したいこともありますが、原稿用紙100枚くらいになりそうなのでこの辺で。
みなさん、お元気で。また忘れたころにお伺いします。
この作品に対する感想 - 昇順
こんばんは。忘れるというのもそう簡単なことではないようですよ。
とは言えゆうべの夢は忘れてしまいました。こんな色とりどりな宇宙の夢を見ることができればいいのですが。
その昔読んだ「青い宇宙の冒険」という本を思い出したりもしました。
この場所も、いつまであるのか分からないのかもしれませんが、また拝読させていただきます。
2016/10/18(Tue)23:50:111中村ケイタロウ
「思い出すってのは忘れてるからだろ? 俺は忘れた事はない。だから思い出すこともないさ」――ギターを持った渡り鳥。
「忘れようとしても思い出せないのだ」――天才バカボンのパパ。
……すみません。特に深い意味はないのですが、なんとなく。

美しい情景ですね。大昔、天体写真集に夢中になっていた頃を、しみじみと思い出しました。
あの頃は、ここまで美しく実感はできないにせよ、生身の自分が天の川めざして宇宙空間を泳いでいる夢(単独遊泳でしたけど)などを、たまに見ていたものです。しかし今となっては、空を飛ぶ夢すら、もう何年も見ていません。
秋の夜空を見上げつつ、またエテナ印の夢を見せてもらえる日を、気長にお待ちします。

2016/10/20(Thu)02:26:481バニラダヌキ
中村ケイタロウ様
こんにちは。お久しぶりです。お元気でしたか。
この前、サイエンスZEROで、記憶は海馬から大脳へ送られるが、それが夢に出てくるのだと言っていました。興味深いですね。
去年の作品がトップページに残っているなんてすごく衝撃ですが、登竜門自体がなくなったらそれこそショックですね。私の青春の故郷よ……。時間が許す限りはなるべく顔を出したいですね。

バニラダヌキ様
今、私の目の前に、ナショナルジオグラフィックとニュートンの宇宙関連の本があります。きれいですね〜。わし座の疑似色画像というものを見ているのですが、こういう光の海の中に、ドボンとつかってみたいですね〜。
私は何年も前からウィビンの再投稿を考えているのですが、まとまった執筆時間が取れないので悩んでいます。投稿し始めたら最後まで書きたいし、でも現段階でもう60話以上もあるし、そこまで執筆に時間をかけられるかというとそうでもないし。これを書き終わらないと他の長編なんて書く気もしないし。今書き始めないと一生書き終わらない気もするし……。
前向きに考えてはいるのですが。勢いで投稿してみてもいいんですが。悩むな〜……。ぶつぶつぶつぶつ……。
2016/10/22(Sat)20:12:210点エテナ
合計2
名前 E-Mail 文章感想 簡易感想
簡易感想をラジオボタンで選択した場合、コメント欄の本文は無視され、選んだ定型文(0pt)が投稿されます。

この作品の投稿者 及び 運営スタッフ用編集口
スタッフ用:
投稿者用: 編集 削除